30代半ばまでに結婚しないと人間になれない

川村元気さんの著『仕事。』で沢木耕太郎さんがこんなことを言っていた。

 

『普通は30代半ばまでに一度くらい結婚するチャンスがあるはずなんだよ。でも、忙しいとか自分の夢を理由にして目の前の相手と向き合わないでズルズルひとりでいると、どこかで人間性が損なわれていくと思う。いったん引き受けて、ダメなら、途中で戻ってきてもいいんだから。』

 

人間性とは何だろう?
コミュニケーション能力?
感情豊かな感性?
社会的責任を背負うこと?
なんとなく雰囲気ではわかるけど、具体的にこれ!ていうのは思いつかない。

 

そもそもこの世の中において、結婚とはどういうポジションにあるんだろう。
まだまだ世の中には『結婚することは当たり前』の風潮は強いと感じる。
しかし、皆が人生において結婚が絶対に必要と考えているというとそれは違うと思う。

 

結婚とは何のためにするのか?
3つ思いついた。
①世間の目があるから
②子供がほしいから
③寂しいから

 

私の仕事、看護師の世界では40歳以上で結婚したことない人に対しては『あー、あの人ならそうだろうね』みたいな何癖つける雰囲気はある。
ミスすると尚更。
結婚していないことでカースト下位に見られてしまうようだ。
つまり結婚したことがないと世間の目からの圧力を感じる場面があるということ。
男性も女性も。

 

でも社会全体ではどうなんだろう?
最近は家庭に入らずにキャリアを選ぶ女性が増えてきているし、なんだか結婚しない女性も容認されてきているんじゃないだろうか?
そんなことないのかな?
でも逆にいい歳して結婚したことない男性に対しての『あいつはヤベー奴』感はビリビリ感じますね!笑

 

子供が欲しいから結婚するっていう考え方もなんだかもうこの時代にはナンセンスな雰囲気。
シングルって選択肢も出てきてるし。
男性にいたっては子供は『絶対に欲しい!』てよりも、『まー出来たらいてもいいんじゃん?』みたいな感じが強いと思う。
私は絶対に欲しいが。
むしろ、子供が欲しいから結婚しなきゃ!て世の中になったらそれこそ結婚する人減るんじゃないかな?
だって重いよ。

 

やっぱり皆が結婚する理由て寂しいから?
『一人はやだ!誰かといたい!』が結婚する最大の理由なのかな。
それだったら今はネットでも何でもコミュニティとかあるから寂しい問題は解決しやすいよね。


最悪、寂しいが解決されれば一緒にいるのが動物やAIでもいいわけだ。
話し相手ならLINEのAIのりんなとかもいるし。
AIが結婚相手とかもありえてくるね!
今後、もっといろんな可能性が出てくるんじゃないかな?
・・・確かに結婚しないと人間性は損なわれるかもね。笑